飛騨高原の早春 演奏中 Off  

岩間 純 詩

白樺の肌温む音を 序曲に
飛騨高原の 早春は五月

心つながる 郷愁のうたに
山の幸は 今一斉に花ひらく

母なる故郷の 空は明るく
飛騨高原の 早春は五月

小鳥のうたも みどりに映え
ひと人は自然の中に 心を洗う