めぐる季節 演奏中 Off 

吉元 由美 詩

薄紅 花景色 せつなさを知った春
はかなく散ってゆく 風の指先ふれて
静かに見える波 まぶしすぎる夏の日
心の海岸で白く砕けていった
過ぎゆく季節の果てにたたずむ人は誰なの?
ゆれる想い 自分をだきしめたの ひとり
明日はどんな日に 頬づえの窓辺から
かたちのない夢をきっと見つけにゆこう
色づく街ゆけば誰かに逢いたい秋
やさしくなれそうな夕暮れのさみしさよ
凍えた手のひらでとけゆく粉雪は
涙によく似てた ぬくもりに出会う冬
幸せを探す人が一番幸せだって
めぐる季節 想い出に変えながら ふたり
明日はどんな風 歩きだす窓辺から
もうすぐ見えてくる夢を渡ってゆこう

     トップページへ