てっせん・どくだみ 演奏中 Off 

星野富弘 詩

花は自分の美しさを
知らないから
美しいのだろうか
知っているから
美しく咲けるのだろうか


おまえを大切に
摘んでゆく人がいた
臭いといわれ
きらわれ者のおまえだったけれど
道の隅で
歩く人の足許を見上げ
ひっそりと生きていた
いつかおまえを必要とする人が
現れるのを待っていたかのように
おまえの花
白い十字架に似ていた


     トップページへ