幕山625m... 今度は湯河原の裏山 2005/03/01
雪の中の観梅!
   今回は湯河原の裏山幕山から南郷山への梅見をかねた軽いハイキングの積りであった。 が、麓の梅林で花を眺めている間に天候が悪化、ちらちらと粉雪の舞う中の登りとなった。 1時間ほどして一転、陽光に恵まれた穏やかな頂上でのお弁当。 表には真鶴半島と相模湾の光る海、裏にはなだらかな箱根の山々が望めて気持ちがよい。
帰り道に自艦水という頼朝が自害しようとした池があったが、今はただの水溜りであった。 その後寄った南郷山こちらは更に海寄りで湘南海岸が平塚あたりまでよく見えた。
   帰宅してからもう一度歴史の勉強。 今日眺めた山々は、伊豆に配流されていた頼朝が若い頃狩に駆け回った野山、そして、彼が三島の代官邸を襲ったあと石橋山(これも今日見えた筈)の戦いに敗れて、部下と散々りになって逃げた山々なのだ。 頼朝はその後箱根権現で助けられ、真鶴半島から船で房総に逃れている。 そう言えば今朝湯河原駅頭で見た立派な銅像、土肥実平とあったが、頼朝を案内し共に戦った地元の武士である。戦った相手はわが藤沢の大庭景親。そうであったか...

幕山全景 幕岩と梅林 メンバー勢揃い

戻るにはページを閉じて下さい。